大会「延期」について

甲府国際オープンテニス2020 開催「延期」のお知らせ

関係各位におかれましては平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。2月26日総理大臣より、多数の方が集まるような全国的なスポーツイベントについては,大規模な感染リスクがあることを勘案し,今後2週間に予定されているものについて,中止,延期又は規模縮小等の対応を要請されました。さらに2月27日夕方、小中高の休校要請が発表されました。

この様な状況の中、2月27日臨時理事会を開き対応を検討いたしました。非常に残念ではありますが、選手・観客・ボランティアスタッフの健康と感染防止を第一に考え、「甲府国際オープンテニス2020」の「延期」を決定いたしました。なお富士薬品セイムス ウィメンズカップin甲府については別途主催者より正式発表を行います。

今後国内外の感染状況を注視するとともに、沈静化する事を切に祈るところです。

甲府国際オープンテニスは、2011年の東日本大震災でも大会直前に「延期」決定をしました。しかしその年に「復興」を掲げ、女子だけになりましたがアップグレードして開催しております。

今後については、関係団体・山梨学院大学・日本テニス協会・国際テニス連盟、同時に他の大会主催者と連携し引き続き「今年中の開催」をめざし協議していく予定です。

ご協賛・ご協力頂きました皆様には、本告知が直前になった事をお詫びいたしますと共に、引き続きご支援ご協力をお願いいたします。

選手、関係者の皆様には、多大なご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

2020年2月28日

一般社団法人 国際テニスコミッション

2020.02.28 ニュース